准看護師から正看護師になるには

准看護師は中学卒業後に目指すことが出来る資格であるので

少しでも早く看護師としての仕事をしたいと希望する場合には、

中学を卒業した時点で准看護師学校に入学して学び准看護師になることが出来ます。

 

しかし実際の医療分野の現場では、同じ職場で仕事をしていても

正看護師と准看護師では様々な違いがあります。

 

業務内容に関しては正看護師が看護の分野の専門職として仕事を任されるのに対し、

准看護師は補助としての役割の仕事しか与えられません。

また給与や待遇のの面においても同じ職場で同じ看護という仕事に携わりながら

その差は歴然としています。

 

そのため准看護師として働きながら正看護師の資格取得を目指す人が多くいます。

准看護師から正看護師になるにはいくつかのルートがあります。

 

中学卒業後、准看護師学校で2年間学んで准看護師になった人の場合、

准看護師になって3年以上働いた後、看護専修学校に入学して2年間学ぶという方法があります。

また10年以上准看護師としての勤務経験がある場合には、

正看護師取得のための授業を実施している通信制の教育を2年受けることでも取得が可能になります。

 

さらには高等学校衛生看護科などで3年間学んだ後に

准看護師の資格を得た場合にはその後専攻科でさらに2年学ぶことで正看護師への道が開けます。

准看護師から正看護師になるにはそれなりの費用も必要になり、

いったん仕事を辞めるのでなければ仕事との両立もしなければならないことになります。

しかし准看護師として働いているのであれば、病院によっては

正看護師の資格取得を勧めていたりバックアップの態勢が整っているところもあります。

トラックバック

准看護師から正看護師になるにはに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする