専門看護師になるには

専門看護師とは

日本看護協会が行っている

資格認定制度で認められた人が

名乗ることの出来る資格です。

 

近年では医療分野においても医学の進歩に伴って専門性が高まったり、

医療が細分化されたり、高齢化社会が進むにつれ

看護のニーズが多様化してきたことなどがある現状の中で

専門看護師という制度が誕生しました。

 

それだけ高い専門性を持つことによって、状態の難しい患者の看護や

保健医療の現場で活躍することが求められている資格です。

 

また専門看護師の役割は、他にもその専門的な知識や技術で看護師に対しての

教育指導や専門分野の研究活動を行うことも出来る立場です。

 

現在の専門看護師の分野としては、

がん看護・慢性疾患看護・急性重症患者看護・

地域看護・家族支援・在宅看護・母性看護・

小児看護・老人看護・精神看護・感染症看護などに分かれています。

 

専門看護師になるにはもちろん看護師免許を取得しているの前提ですが、

自分の目指す分野の中で知識や技術を高めていく必要があります。

 

看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める

専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得しているか、

実務研修が5年以上あり、うち3年以上は専門看護分野の実務研修であることなどの

条件をクリアしなければなりません。

 

その後認定審査がありそれで認められれば専門看護師認定証の交付と登録がされます。

しかし、それ以後も5年ごとの更新があり、看護実践の実績や研修実績、

研究業績等が審査されるので継続して学んだり実践したりする姿勢が必要です。

トラックバック

専門看護師になるにはに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする