社会人から看護師になるには

最近では、結婚や出産だったり、

あるいは会社の倒産やリストラなど何らかのことがきっかけで、

大学を卒業してから最初に就職をした会社で生涯働き続ける人よりも、

他の会社に転職をしたり、はたまた職種自体を変わる人も増えています。

 

最近では不況の影響もあって、堅実な道を選ぶ人が増えており、

国家資格を取得する人が増えています。

とりわけ、少子高齢化社会の影響から医療や福祉の業界への注目が集まっており、

医師や看護師、薬剤師や介護福祉士、社会福祉士や管理栄養士、

理学療法士や作業療法士や言語聴覚士などの

リハビリテーションスタッフなどの職種が大変人気となっています。

 

そのため、高校を卒業してからそのまま医療系の専門学校に進学をする人もいれば、

大学を卒業してから更に医療系の専門学校に進路を進める人もいます。

はたまた、一旦一般企業に就職をして、ある程度お金を貯めてから、

将来を考えて医療系の国家資格を取得するために専門学校に進学をする人もいます。

 

社会人から看護師になるには、昼間は他の会社などで働いたりアルバイトをして、

夜間に専門学校に行くか、一旦働いていた職場を辞めて、看護学校に行く場合が多いです。

 

社会人から看護師になるには、年月もお金もかかるので、

相当な覚悟と勇気がいりますが、その分、後がなくて意志が強く努力を惜しまない人が多いので、

合格率も高い場合が多いです。

時間が掛かっても、資格は決して無駄にはならないので、おすすめです。

トラックバック

社会人から看護師になるにはに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする